伝えたいこと

楽しいことも悲しいことも、色々発信していきたいです。

長生きはよいことか

 先日のニュースです。

厚生労働省は27日、2016年の日本人の平均寿命は男性が80.98歳、女性が87.14歳と発表した。 前年からの伸びは男性0.23歳、女性0.15歳で、いずれも過去最高を更新。世界トップクラスの長寿国で、男女とも香港に次ぐ2位だった。 厚労省の担当者は「がん、心疾患、脳血管疾患の三大死因の死亡率低下が、寿命の伸びに寄与している」と分析した。 平均寿命は、その年に生まれた0歳の平均余命を示す。全年齢の死亡状況を集約しており、保健福祉水準の重要指標として用いられている。

平均寿命、過去最高=男性80.98歳、女性87.14歳―世界2位・16年厚労省 (時事通信) - Yahoo!ニュース

昨年の日本人の平均寿命が男性が80.98歳、女性が87.14歳だということが判明し、過去最高を記録したとのこと。福祉サービスの充実や医療技術の発達が要因だと思いますが、ひとまず長生きできる社会になっていることは良い事です。
 しかしながらも、この平均寿命とはただ生きている状態の老人を対象にしていると思われますが、果たしてこの調査対象者のうち何人が「健康」で「人間らしい」生活が送れているのかが最も気になります。

大切なことは健康寿命

 「健康寿命」という言葉があります。病気や怪我がなく健康な状態で過ごせる期間を指します。男性だと平均寿命-9年、女性だと平均寿命-13年が、平均寿命と健康寿命の差だといわれています。
 わたしが先に載せたニュースを見たときに感じたことは、平均寿命ばかり延びても意味がないのではないかということです。調査対象者のうち何割が健康に生きているのかわかりませんが、きっと健康ではない方も多いのではないでしょうか。いくら平均寿命が延びたところで、健康で人間らしい生活が送れなければ、実は平均寿命の向上は喜ばしいことではないのかもしれません。
 近年は医療技術の発達が著しく、今までだと確実に死んでいるような病態や怪我でも生きられるようになりました。ある意味それはすごいことではあります。しかし、病院のベッドでずっと寝たきりのままで、呼吸器や点滴などの管を死ぬまでつけたままで生きることは、人間らしい生活を送れているとは言えないと思います。もちろん、患者本人がそれでも長生きがしたいと思うならばそれが最優先されるべきだと思いますけれども。

人間らしさを忘れないこと

 わたしがなぜこのようなブログを書いたのかというと、一緒に住んでいたおじいさんの病態が悪化して最近入院したためです。わたしのおじいさんは若いころに結核をして以来、慢性呼吸器疾患でした。現時点で82歳なので60年近く病気と付き合っていることになります。今まで何度も入院をしていましたが、そのたびに延命治療を受けてきました。ここ10年ぐらいは、「そろそろ死なせてほしい」とつぶやくことも少なくありませんでした。
 先ほどお見舞いに行ってきましたが、呼吸器や点滴の機械が四六時中ついているのを見ると、人間がただ「長生き」することに疑問を感じました。自然の成り行きで死ななければならない時なのに人間が作り出した延命治療技術によってそれ以上生きることができる。本来ならば喜ばなければならないことなのかもしれませんが、見方を考えてみると無理な延命治療の先には「健康」や「人間らしさ」が無視されていると思います。
 わたしは健康や人間らしさを備えたままで長生きができるように医療技術が進むことを望みます。そうではなくてただ単純に延命をすることが目的なのであれば、小児がんなどの小さな子どもたちの大病が完治できるような医療技術の発展を優先させるべきだと思います。