伝えたいこと

楽しいことも悲しいことも、色々発信していきたいです。

#RIPChester 生きることに疲れを感じた人のためのホットラインサービス

chester.linkinpark.com

 Linkin Parkチェスター・ベニントンの公式追悼サイトがアップされています。#ripchesterのハッシュタグがついたSNSの投稿がサイトに集約されて表示されるようになっています。
 サイトの最上部には、自殺をしようとしている人のためのホットラインサービスが掲載されています。トップページにはアメリカ国内のホットラインサービスしか掲載されていませんが、その下のURLには世界中のホットラインサービスが掲載されています。サイトに掲載されている日本のホットラインサービスは以下の三つです。

Befrienders International, Tokyo
Tokyo
Contact by: Face to Face - Phone - Letter:
Hotline: +81 (0) 3 5286 9090
Website: www1.odn.ne.jp/~ceq16010
Hours:
Mon, Tues, Wed, Thurs, Fri, Sat, Sun: 20:00 - 06:00

BI Suicide Prevention Centre, Osaka
OSAKA
Contact by: Face to Face - Phone - Letter:
Hotline: +81 (0) 6 4395 4343
Website: spc-osaka.org
Hours:
Mon, Tues, Wed, Thurs, Fri, Sat, Sun: 00:00 - 23:00

Tokyo English Lifeline
5-4 22 rm 302, Minami Aoyama
Minao Ku
107-0062
TOKYO
Contact by: Face to Face - Phone
Hotline: Counselling: 03 5774 0992
Hotline: Face to Face: 03 3498 0231
Website: telljp.com

 このほかにも、Google等で日本語で「自殺 ホットライン」や「自殺 電話」と検索をかけると、日本語・日本人向けのたくさんのホットラインサービスが見つかります。

 チェスターが亡くなってから数日が経ちました。ファンの一人としては未だに信じられないという気持ちでいっぱいです。
 過去には、わたしのプライベートの知り合いにも自殺をした人がいます。このショックと寂しさを多くの方に味わってほしくない気持ちもありますが、なによりも、死にたいと思っている本人のために、上記のようなサイトの必要性をこの場で皆様にお伝えしたいと思います。
 身近な知り合いや友達、家族に、一人で不安や孤独に立ち向かっている人がいたら、上記のようなサイトの存在を紹介することもひとつの手です。

 最も大切なことは、死にたいと思っている人をひとりぼっちにさせないこと、あるいは、ひとりぼっちにならないことです。

 わたしの専門分野は社会学で、基本的に不登校やひきこもりで悩む青少年の「居場所」についてを研究しています。今回と前回記事で取り上げたチェスターの自殺は、テーマが違っているように感じると思いますが、人間として生き切ることのむずかしさということについては共通する点が多いです。チェスターの死を無駄にしないために、わたしが今おかれている環境で、何らかの生きづらさを感じているすべての人になにができるかをより一層模索していきたいと思います。


 最後になりましたがチェスター・ベニントン氏のご冥福をお祈りいたします。わたしのなかでのヒーローです。

 

www.youtube.com